データ入稿方法
    • 1. 保存形式について
    • 出力可能なデータ形式は下記の通りです。
    • データ形式 特徴
      Illustrator形式推奨 印刷物やロゴ、イラストなど、幅広い分野で使われている形式です。
      データは必ずillustratorバージョンCS5.0以下で保存して頂きますようお願い致します。
      ADCLEANERでは通常こちらの形式を推奨しております。
      EPS形式 幅広いソフトで対応できる形式です。
      フォトショップで作成したものなどこちらの形式で入稿頂けます。
      JPG形式 一般的な画像の形式です。
      JPEG形式を使用する際には、実寸サイズで解像度が300dpi以上のデータを用意して頂く必要がござます。
      PDF形式 作成したデータを様々な環境で確認できる形式です。
      こちらのデータでご入稿いただく場合、元データがIllustratorなどの専用のソフトで制作したものでお願い致します。
      TIFF形式 画像の保存形式のひとつです。
      さまざまな画像編集ソフトで扱う事ができ、印刷用の写真データなどによく使用されます。
      • ※データに圧縮はかけないでください。
      • ※圧縮ファイルしかない場合、ダミーデータをご入稿頂き、ご注文後ご注文別チャットよりお送りください。
      • ※ご注文時のデータ入稿は1GBまで添付可能です。
      • ※入稿ファイル名に記号や特殊文字は使用しないで下さい
      • ※データが重く添付できない場合は、ダミーデータをご注文時に添付して頂きご注文後にファイル送信サービス等をご利用ください。 その場合必ずご注文別チャットよりご連絡ください
    • 2. データサイズについて
      • データはご注文頂く実寸サイズで作成下さい。
      • データのサイズが大きい場合、制作サイズは10分の1でも可能です。
      • その際の解像度は10倍(300dpi)で制作してください。
    • 3. トリムマークと塗り足しについて
      • データにはトリムマーク(トンボ)や、塗り足しは必要ございません。
        ご注文サイズぴったりに制作してください。
      • データのサイズが大きい場合、制作サイズは10分の1でも可能です。
      • その際の解像度は10倍(300dpi)で制作してください。
    • 4. アウトライン化について
      • アウトライン化とは、文字をパス化(図形化)することで、文字化けなどのトラブルを防ぐこと ができます。フォントをアウトライン化する方法は下記の通りです。
      • 1. レイヤーロックを含む、すべてのロックを解除して下さい。
      • 2. すべて選択し、【文字】→【アウトライン作成】を実行して下さい。
      • 3. 確認のため【文字】→【フォントの検索・置換】を実行し、使用中フォントに何も無ければOKです。
      • ※データの中に孤立点などがあると、使用中フォントの中に表示される場合がありますので、 削除してください。
    • 5. Photoshopでのフォント作成について
      • Photoshopで文字を作成された場合は、レイヤーを全て統合し、EPSにて保存してください。 レイヤーを統合する方法は下記の通りです。
      • 1. レイヤーパレットを開いて下さい。
      • 2. パレット右上の▼をクリックすると、メニューが表示されます。
      • 3. メニューから、【画像を統合】を実行し、レイヤーがひとつにまとまっているのを確認してください。
      • 4. 【別名で保存】でEPSを選択して保存して下さい。
    • 6. 画像の埋め込みについて
      • 画像のリンク切れなどのトラブルを防ぐため、画像の埋め込みをお願いしております。
        画像を埋め込み方法は下記の通りです。
      • 1. リンクパレットを開き、画像ファイルの名前を選択して下さい。
      • 2. パレット右上の▼をクリックするとリンクに関するメニューが表示されます。
      • 3. メニューから、【画像を埋め込み】を実行して下さい。
      • 4. 画像の埋め込みが完了すると、下記のようなマークがリンクパネル内の画像横に表示されます。
    • 7. 透明背景について
      • Photoshopで画像の背景を透明にし、Illustratorファイルに埋め込む場合、 必ず【クリッピングパスを作成】の処理をした画像を使用してください。
        こちらの処理をしないでIllustratorに埋め込んだ場合、透明背景処理がうまくいかず、印刷の際、違う色がでたり、背景がそのまま印刷される可能性がございます。
        クリッピングパスの作成方法は下記の通りです。
      • 1. Photoshopでパスを作成された画像を開きます。
      • 2. パスパレットの右上の▼をクリックするとパスに関するメニューが表示されます。
      • 3. 【パスを保存】を実行し、名前を入力してOKをクリックします。
      • 4. 再度▼をクリックして【クリッピングパス】を実行します。
      • 5. ③で入力した名前を選択して、必要であれば平滑度をいれてOKをクリックします。
      • 6. 【別名で保存】でEPS、TIFF、PNG等を選択し、保存してください。
    • 8. カラー設定について
      • ADCLEANERは全てCMYKの形式で出力しております。
        RGBや特色などで作成されたデータは、必ずCMYKに変換してご入稿ください。

        ※特色や蛍光色などは出力できません。
        ※RGBのデータをCMYKに変換した場合、色目が少しくすんでしまうため、
        予めCMYKで制作されることをお勧め致します。
        CMYKへの変換方法は下記の通りです。
      • 1. 【フィルター】→【カラー】→【CMYKに変換】
      • 2. CMYKに変換されます。
;